1. >
  2. 業界研究について

業界研究について

世の中にはメジャーからニッチまでさまざまな業界が存在しています。生活に身近な食品サービス、バスや鉄道、今では旅行に必須の航空業界などその種類は多種多様です。

さまざまなことに興味をもつと、次第に自分の将来なりたい業界へと自然に足が向きます。

業界を知ることで世の中のトレンドを知ることも可能になるでしょう。

業界研究の重要性

現代では外食などの食品に関わるメジャーな業界から、自立式ドローンを遠隔操作するニッチな業界までさまざまです。

業界研究をすることで、自分が興味や憧れのある業界だけなく、さまざまな業界を知ることで、新しい発見はもちろん、世の中のトレンドを知ることも可能。

特にここ10数年は業界トレンドが目まぐるしく変化しています。やりたいこと以外に目を向けることで、時代に合った方法で、力強く生きていけるでしょう。

やりたいことを見つけるきっかけになる

業界研究をすることで、まだ何をしたいか決まっていない人は新しい分野を発見することでしょう。

新しい業界を知ることで、その業界ではたらくことはどういうことか、社会的貢献性はどうか、将来性のある企業か、などさまざまな考察をするきっかけになること間違いありません。

まだ、どんな業界で活躍したいか決まっていない人は、身近にある業界を調べてみるといいかもしれません。コンビニや飲食店、銀行、病院、ショッピングモール、電気・水道・ガスなどのインフラ、アパレルなどを眺めて、どんなサービスをしているのか、どんなモノを提供しているのか実際にふれてみましょう。

モノやサービスにふれることで、その業界ではたらくことで、何になれるのか肌で感じられます。

既に志望業界が決まっている人は、自分の興味がある仕事に関連している業界に目を見向けるいいでしょう。

例えば「パイロット」が第1志望なら、「パイロット」が必ず関わる「航空管制官」「航空機整」「運行管理士」なども調べてみましょう。

第1志望が仮にダメでも、その業界を広く、深く知ることで選択肢が増えること間違いありません。

大学や専門学校のオープンキャンパスでも業界動向を知れる

大学や専門学校のオープンキャンパスに参加すると、学部や学科、専門学校に関する最新の業界動向を知れます。


オープンキャンパスでは、大学の環境や学部・学科の詳細、学校の雰囲気だけでなく将来自分がなりたい業界動向を知ることも可能です。 過去、現在、未来の業界動向を学部・学科などの説明会で深く知れるでしょう。

オープンキャンパスに参加して志望校が目指す業界にあっているかどうか、自分の目で業界の最新動向を是非確認しましょう。